新主都開発計画



作業

やってくれる人募集中または現在進行中の都市計画により指定された事業の一覧です
詳細は鯖内で聞いてください

地区 名称 概要と要件 状況
西側市街
A1 A1地区道路   進行中
A1 ハフリンコ州政府庁舎   用地調整
A1 ハフリンコ高等裁判所   事業者募集中
B3 全体計画   事業者募集中
B1 B1地区道路 西~南の高架橋上の2駅の建造、および高架下の倉庫スペースの建造 進行中
B1 東岸部 北側の村人引込地下線周辺は要相談
上記以外の砂山部分は整地可
事業者募集中
東側市街
A2 A2地区道路   進行中
A2 フォース公園   進行中
A2 東駅 2面4線の欧風の頭端式高架駅 進行中
B2 B2地区道路   進行中
B2 動植物園   進行中
南西海洋地域
C1 監獄島 地上:木々に覆われた、閉鎖的な集落がテーマ
地下:ネザー系のブロックを基調とした建築
進行中
C2 海底都市 計画未定 進行中
未定
  図書館   用地調整
  PVP競技場   用地調整


設計

用途地域

ハフリンコ用途地域図.jpg

  • Ax は地区ごとに決められた景観ルールに沿った建築をするべき地域
  • Bx は全体設計としては景観ルールを定めない自由地域
  • Cx は個人による独自開発計画の地域 (建築を行う際は関係者に要相談)

となっています。ハフリンコ湾より西側を西側市街、東側を東側市街としてまとめて呼びます。各地域ごとの詳細は次章以降で説明されています。

交通計画

ハフリンコ交通計画.jpg
持続可能な発展のために周辺都市との有機的な交通網の形成と、スプロール化を防止し市街地の連続性・拡張性を確保する必要があります。道路の延長線上をふさぐように建物が建つと行き止まりになったりつづら折りを強いられたりしてその後背地への移動時間が増大するため人が寄り付かなくなり、市街地の拡張が難しくなります。幹線道路や鉄道を郊外にまっすぐ伸ばせるように、これらをふさぐような建物の建築を防止する必要があります。

...



西側市街

北部のA地区と南部のB地区、南西のC地区からなります。
それぞれざっくりと以下のようなテーマや制限の有無があります。
 A地区 : 各地区に決められた共通のテーマに基づく建築をして欲しいエリア
 B地区 : A地区ほど厳密に決められたテーマはない、ある程度自由なエリア
 C地区 : A,Bいずれにも属さない個人による独自開発計画のエリア(建築を行う際は鯖内にて要相談)

A1: 金融センター

2016-03-21_01.30.27.png
東側とは対照的に、この地区では高層ビル街としての開発を目指します

ポイント:

  • 現代的なデザイン
↓のような雰囲気を目指します(再現というわけではないです)


簡単に言えばモダニズム専門街です
建材については石系や堅焼き粘土が主力になります

  • 重層的な道路計画
道路は車道と歩道橋の2層構造です
歩道橋と建物の連絡は、連絡橋を作るか歩道を拡張して行って下さい
haf_west1.png
上図のような構造が基本となります(現場を確認したほうがわかりやすい)
1階・2階部分は隣の建物と隣接して(隙間を空けずに)連続した建物として作ることができます
道路の拡張を行う場合は、既に作られているデザインのままでお願いします

  • フロンティアシティとしての開発
上記の道路計画や区画割に代表されるように、従来のkenmomineの都市にはない新たな要素を積極的に取り入れていくことを目指します
ブレストにご協力ください

(2016/3/21)


B3: リゾート型都市(案)

概要
casino1.png
casino2.png

設計原則
  • 幹線道路と鉄道を広域交通計画に従って配置する


B1: 工業地帯

※挿絵イメージなどあればここに貼って下さい※

「工業地帯」と称される地区です
ここでの「工業」とは、工場や生産施設などを指しますがここでの建築物は必ずしも機能的である必要はなく
「工業的」「工場のようなもの」といった景観のみを目的とした建築物でもよいとされています

ポイント:
  • 本ページトップの一覧表の通り、特に予定はありません。既に着手している方が居なければ、誰でも自由に着工できます。
  • 工業地帯周辺の交通網および駅舎の建造に興味がある方は、地所に確認のうえで作業を行って下さい。
  • ハフリンコメトロ環状線の高架下の利用は自由。ただし道路の延伸のために空いている部分と真下に道路がある部分を除く。
  • 西側および南側の駅舎建造予定地の建築は自由。他のエリアに倣い、工業地帯に似合うデザインが好ましい。
  • 東西両側の海岸部は港湾施設を推奨
 例えば、海に面した部分は焼石や石レンガなどで護岸を行っていただけると見栄えがよくなるかと思います
 他区画と異なり奥行きや幅が未設定となっていますが、監獄地区(南西海洋上)に近すぎない程度の大きさにしてください
 南西の海をまるごと埋め立てるような建築は他の計画に干渉するため非推奨です

その他既存の要件(変更のない内容)


(2017/8/17)


東側市街

イースト配置スケッチ.jpg
図 21 幹線街路と公共空間のスケッチ

東側市街は本図の赤線で A2、B2 地区に分かれている。それぞれで建築要件が違うため注意が必要である。

A2: 歴史区

概要
投票で採用されたマスタープランに基づく歴史区

美術イメージ

設計原則
  • 建物のデザインは美術イメージのような欧風の古典的建築が適している。ただしこれに限るというものではないので雰囲気とあっていればいい
  • 建物の高さはおおむね地上から 22m 以下にする


B2: 自由区

概要
建物のデザインや区画などに制約がない区域

設計原則
  • 幹線道路と公共空間を図 21 の配置に基づいて建設する
  • それ以外の道路敷設は各自自由に行う
  • 土地利用と個々の建物にかかわる制約はない



南西海洋地域

C1 地区: 監獄

南西海洋上の岩礁を中心とした、監獄の地区です
構想中のため内容は随時変更・加筆される場合があります

当初の「監獄」としてのコンセプトデザインには限界があることから、
地上は森林に覆われた閉鎖空間の村をテーマとし、地下はネザー風な何かを予定しています。
地下の開発優先度は低めで、地上の整備が一通り終わり次第の着工となります。
ただし、今後もコンセプトは変わる可能性があります。

なお、当初未整備予定だったネザーゲートは、近日中に施設が用意される見通しです。

(2018/10/15)

C2 地区: 海底都市

概要
B1: 工業地帯の西方海底の都市
アクセス方法は未定
1.12.2時点でも開発を進めますが、1.13対応以降、追加の景観整備を予定しています。

設計原則
  • 外観
 ・海面に影響を与えない、海中のみで完結する空間デザイン
 ・地下の深度が足りないと予想されるため、海底を縦の円柱状に掘削する(多少の凸凹をつける)
 ・プリズマリン系ブロック、または石レンガ系ブロックによる建築を推奨
 ・水中でのスポンジの使用は避ける(生活空間の扱いに関しては2018/10時点で検討中)

  • 内観
 ・光源はシーランタンを主とする

その他
先ずは計画地域の策定と掘削範囲の取り決めなど。
大体のエリアが確定次第、建築に関しては自由に行えるようにする予定です。
(関連イベントも予定)

(2018/10/15)


計画

現主都である嫌京都の開発飽和状態、インフラの一極集中による世界的な開発の停滞を解消し、
経済を活性化させることを目的とした新たな主都の開発計画です。

新主都の名称・座標を公募と会議により選定し、世界の中心であるゲートワールドに直結のゲートを接続します。
計画の詳細につきましては下記の資料をご覧ください。

日程

スケジュール 概要 場所 日時期間
第二回公募 新主都の開発計画と名称を掲示板にて公募 嫌京都ゲートひろば 2月21日(日)~2月27日(土)
第二回選定会議 鯖民会議にて新主都開発計画及び名称を決定 都庁南棟都民ホール 2月28日(日) 20:00~
ゲート開設 管理者に新主都直結ゲートの開設を依頼 神域 決定後速やかに

第二回選定会議の開催について

第一回選定会議の結果、新主都となる地域が決定しました(資料内黄色マーカー)。
公募新主都開発地域一覧.jpg
次回会議におきまして開発計画及び名称を確定し、3月上旬のゲート開設を目指したいと考えております。

つきましては、開発計画及び名称を継続して公募しますので、
掲示板への掲示、主催者への連絡といった手段でご提案いただければ幸いでございます。

開発計画について
新主都地域の開発計画には、開発計画の概要と制限事項等のほか、以下の内容を盛り込むことができます。
また、複数の開発計画を複合して採用する可能性もございます。

  • 扉ゲートの位置
  • 道路、公用施設等の建設計画
  • 区画の設定
  • ワールドガードの有無と設定範囲

第一回選定会議資料

  • (資料1)公募新主都開発地域一覧
公募新主都開発地域一覧2.png
  • (資料2)公募新主都開発計画一覧
公募新主都開発計画一覧.png
  • (資料3)公募新主都市名一覧
公募新主都市名一覧.png
  • 補足資料(外部リンク)
(1)公募新主都開発地域一覧(地図)
(2)嫌儲首都機能南方移転基本構想(案)

計画資料

スライド1.JPG
スライド2.JPG
スライド3.JPG
スライド4.JPG
スライド5.JPG
スライド6.JPG
スライド7.JPG
スライド8.JPG
スライド9.JPG
スライド10.JPG
スライド11.JPG
スライド12.JPG
スライド13.JPG
修正プレゼン.jpg




(このページは「作成ミス」ページを再利用したものです)

  • 最終更新:2018-10-16 12:59:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード